やりたいことは二度寝だけ

 
いいね!だけの関係の人
(って書くとなんだかイヤラシい感じですが)
今、とくに直接的に関わりがないけど
SNS上では毎日見てる、って人と
リアルでばったり会ったりすると
(特にエレベーターの中とか)妙に恥ずかしい。

(いろいろと丸出しで、さーせん)
という気持ちになりまして
(あ、いえいえこちらこそ)
と向こうも思っているかどうかはわかりませんけど、
「あ、どうも・・・」「じゃ、また・・・」
と気まずく「閉」を押す。


私は、たぶん、脳内言葉数が多くて、アウトプットはわりと少ない。
飲み会とか会合とか大勢のときにあまりしゃべれない分、
内弁慶っていうか文字弁慶、みたいなところがあります。
手紙とかmailとかもわりと好きなんだよなあ。

そういうことでインプットとアウトプットの
バランスとってるのかなあって思ってたんですけど。

ついこないだ、モデルで女優の杏さんの初エッセイ『杏のふむふむ』を
読んで衝撃を受けたですよ。

まじで文章がうめー。
上手いっていうか、いろいろと考えていて、
周りが見えていて、気持ちが優しくて、
とってもまっとうな人なんだなあ
というまっとうオーラ!!


しかもこの絵も本人が書いている。

やめてほしい。

文字弁慶は、ネクラの特権にしておいて欲しい。

あんなにビジュアルも良くて、お芝居もできて、歌も歌えて、
こっちにこないで欲しい。(こっちってどこよ?)

パリコレ、ミラノコレでのドタバタ、何カ国語しゃべれるんじゃい?とか。
「父が」ってさらっと出てくるけど、父さんって!!とか。

でも、嫌みなく、大変自慢でもなく、卑下しすぎるでもなく、
杏ちゃんとあたし、なんか気が合いそうな気がするわ〜、
と読み終わった後には、
友だちとメールしてた、気分になっているのがスゴイ。
恐ろしい子・・・。



その後、津村記久子さんのエッセイ『やりたいことは二度寝だけ』
を読んで、なんだかとってもホッとした。
(だいぶ失礼!)
でも、とっても面白かったです。








評価:

筑摩書房
¥ 1,365
(2012-06-09)
Amazonランキング: 747位

評価:
津村 記久子
講談社
¥ 1,575
(2012-06-19)
Amazonランキング: 14882位

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL